エリカナイトの「スタジオ・リネン」のご紹介

投稿者: | コメントはありません | 投稿日時:2017年5月10日 | カテゴリー : 未分類

 

イングランドのニットデザイナー「エリカ・ナイト」が展開するリネン毛糸「スタジオ・リネン」をご紹介します。

EK-SLLogo

それでは、まずは基本データから。

毛糸の構成仕立は以下のようになっています。

メーカー/ブランド Erika Knight
構成 リサイクルリネン(ビスコースリネン)85% 天然リネン15%
仕立 50g 約120m
推奨編み針サイズ EU 3.75-4.0mm 国内5-6号
10 x 10cmゲージ 21~22目28~30段
生産国 イタリア

◆お洗濯は手洗いです。

それでは、全12色(生産中2色を含む)をご紹介しましょう。

EK400

 

400 ミルク

どの色の名前も、ちょっとひねってあるのがイギリス風です(風刺が好きな国民性ですから・・・ あの強烈な風刺小説のガリバー旅行記の国ですものね!)

「オフホワイト」とかにしないところがミソですね♪

EK400b


 

 

EK401

401 ボーン

「骨」ですが、天然リネンの「生成り」に近い色だと思います。

EK401b


 

EK402

402 フラッター

羽ばたき。

鳥の羽色でしょうか。

EK402b


 

EK403

403 ファティーグ

「倦怠」などという意味になります。

アンニュイ・・・といったらいいのかなぁ?

最も近い色は、オリーブグリーンです。

EK403b


 

EK404

404 ネオ

いわゆるペトロールカラーですが、熱帯の鳥の羽のような深みがあります。

EK404b

 


 

EK405

 

405 レムナント

余りもの、とか端切れ!という意味です。

うーん、やっぱりすごいネーミングだぁ(笑

グレーですが、鈍い光沢と相まって良い色だしてます。

EK405b


 

EK406

406 レーシー

ちょっとセピアが入ったような、レトロな色です。

EK406b


EK407

407 コヴェット

「欲望」

 

・・・

 

ピンク掛かった肌色です。

 

EK407b


 

EK  Jan 17 048

408 カノコ(生産中)


 

EK  Jan 17 046

409 パジャマ(生産中)


 

EK  Jan 17 045

 

410 ピグメント

日本の「絞」からインスピレーションを得てできた色です。

「藍色」です。

EK410b


 

EK  Jan 17 047

 

411 クモ

こちらも、「絞」から生まれた色ですが、色でいえば、ずばり「黒」です。

EK411b


以上、12色のご紹介でした。

この記事をシェア!

コメントはお気軽にどうぞ


通知設定をすると、この記事にコメントが投稿されるとメールで通知されます。