シューラー+シュタール「インディゴ」のご紹介

投稿者: | コメントはありません | 投稿日時:2017年5月7日 | カテゴリー : 未分類

ドイツの老舗ブランド「シューラー+シュタール」のソックヤーンシリーズ「フォルティシマ」の今シーズンの新作が登場しました。

indigoposter

「インディゴ」、つまり「藍色」という色をモチーフにした、大変ユニークな試みのソックヤーンです。

それでは、まずは基本データから。

毛糸の構成仕立は以下のようになっています。

メーカー/ブランド Schoeller Suessen GmbH/Schoeller + Stahl
構成 スーパーウオッシュ加工ウール75% ポリアミド25%
仕立 100g 約420m
推奨編み針サイズ EU 2.5-3.0mm 国内1-3号
10 x 10cmゲージ 30目42段
参考使用量 女性用セーター(日本のLサイズ)約450g

◆太さやゲージは、皆様お馴染みの4本撚りソックヤーンと同じ仕様になっています。

◆40度までの洗濯機洗いに対応しています。

◆大人男性用靴下を1玉で編むことができます。

それでは、全6色をご紹介しましょう。

SS385

385 カントリー

さあ、シリーズ最初の色は「藍」と何色のコンビネーションでしょうか・・・

ファッションアイテムとしても、紺と茶の組み合わせはエレガントに決まりますが、

この濃淡2色の「藍」と、同じく濃淡2色の「オリーブ」の組み合わせは絶妙ですね!

SS385b

「白」以外にたった4色でこれだけの表現力!なんて素晴らしいのでしょうか。

「シューラー+シュタール」には珍しく、メーカーによって色番と色名が付けられています。

カントリー=田園

ですね。


 

SS386

386 クラブ

真紅が入ってぐっと華やかになっていますが、グレーで落ち着きも持たせています。

緑もとっても可愛いですね。

SS386b

ところで、色名のクラブですが、これはやっぱり赤や緑のレーザー光線が差しまくる「クラブ(クにアクセント無し)」ですよね。


 

SS387

387 ボルカノ

ボルカノ=火山です。

思い切りのいい鮮やかなオレンジがイイですね。

SS387b

ゴッホの絵のようにも見えるよね!


 

SS388

388 ノーティカル

ノーティカル=航海です。

マリンブルーとレッドは、船舶にとってはとても大切な色です。灯台や道具などがこういった色で塗られています。

SS388b

すっきり爽やかでありながら、赤と藍の存在感はばっちり。


 

SS389

389 コスモ

宇宙です。

ダークブルーの世界に遠くきらめく星。

グレーが多めに入ったデザインは、宇宙船を思わせます。

SS389b

「スターウオーズ」ではなく、「2001年宇宙の旅」の雰囲気かなぁ。。。


 

SS390

390 オーシャン

オーシャン=大洋

大洋は、五つの大洋に分けられますが、もしかして色に当てはめてあるのかな???

白:北極海
灰:南極海
茶:インド洋
紺:大西洋
緑:太平洋

ん、どうかな?

SS390b

茶が陸地で、青系が海とも受け取れますね。

以上、「インディゴ」全6色のご紹介でした。

この記事をシェア!

コメントはお気軽にどうぞ


通知設定をすると、この記事にコメントが投稿されるとメールで通知されます。