Archive for 2017年2月

シューラー+シュタール「フィヨルド・カラー」のご紹介

By: | Comments Off on シューラー+シュタール「フィヨルド・カラー」のご紹介 | On: 2017年2月25日 | Category : 未分類

  ドイツの老舗ブランド「シューラー+シュタール」のソックヤーンシリーズ「フォルティシマ」に新作が登場しました。 全8色の「フィヨルド・カラー」です。 もっとも大きな特徴は、メランジェ(霜降り)糸ということなんです。 色や濃淡が異なる糸を撚り合わせることで、編地に霜が降ったような柔らかな濃淡模様が現れます。 配合は、ドイツの標準的なソックヤーンのスーパーウオッシュウール75%、ポリアミド25%の配合です。 それでは、全8色をご紹介しましょう。   361 スレート・グレー メランジェニット作品によく見られる定番色のグレーなんですが・・・ 単色のメランジェ(霜降り)糸ではなく、段染めソックヤーンにメランジェを取り入れたというところがミソ! さらに差し色としてブルーを入れたデザインも気が利いていますよね。   362 グリーン・ターコイズ 二系統の色をそれぞれメランジェしてます。 とても柔らかく、グラデーション模様とはまた違った表情が現れています。 ベージュのラインも単調になりがちなグリーンとターコイズの組み合わせに表情を与えています。 そして、よーく見ると・・・ ピッチの境目に入ったオリーブグリーンの差し色もイイですね。 まだまだ人気が衰えないグリーン系の糸ですが、ここまで工夫されているなんてちょっと感激! これは、傑作のヨカーン (^^)   363 ブルー・グレー はっきりした色の組み合わせも、メランジェするとこの通り! 寒色系の色でもほっこりしますね~ そして、もうひとつ、このちょっとかすれた感じが、 ・グランジ=ちょっと汚れた ・レトロ=ちょっと懐かしい 的な作品にも使えそうですね。 もちろん、ストレートに、デニムコーデにもGoooooo:-D   364 ブラウン・ベージュ 同色系のブラウンとベージュを二つに分けて、境目の差し色はカーディナルレッド。 気品のあるカーディナルが入ってるなんて! シルクロードを旅するペルシャ商人の隊列が浮かび上がってくるようです。     365 ベージュ・ターコイズ 差し色のエメラルドグリーンが目に飛び込んできますが、色番364とは濃淡の異なるベージュとターコイズの組み合わせが可愛いですね。 パステル系のメランジェニットって意外で、なによりカワユスなぁ~~   366 グレー・ブラウン この色番も差し色が決めて!...

Read more

REGIA 「カリビック・カラー」のご紹介

By: | Comments Off on REGIA 「カリビック・カラー」のご紹介 | On: 2017年2月25日 | Category : 未分類

REGIAから2017年の新色毛糸が登場しました。   カリブの島々の人々、自然、様式などをモチーフにした、標準的な4本撚りのソックヤーンになります。 それでは、全6色をご紹介していきます。 01439 オウム 熱帯地方のジャングルを飛び回るオウムの羽を写し取ったかのようなカラフルな毛糸です。 カラフルでも品のあるトーンですね。   最近のREGIAの毛糸は、都会派もしくはデニムのようなトレンドを追っていたのですが、少しトーンを落とした落ち着きのある色柄になってきているようです。 Opalなどの明るめのトーンの毛糸も見た目はとっても綺麗で良いのですが、実際に身に付けるとなると・・・ (もしかして、少しばかり派手かしら?)と感じてしまうのも事実かも。 ということで、ちょっとだけ浮気してみるのも吉かもね。     01440 トロピカル カリビアンアイランド・・・ 憧れのビーチリゾート エメラルド色の海 白い砂浜 緑のヤシ 赤い屋根のレストハウス ああ、他には何もいらない。あなたさえいれば(はーと)   このぼんやりしたアンニュイな感じが、昼下がりのリゾート地を想わせますね~   01441 コリブリ addiの棒針の名前でご存知の方も多いでしょう。ハチドリのことです。 超高速で羽ばたいて花から花へ飛び回って蜜を吸う姿は、健気で可愛いです。 ハチドリ君の羽のように美しく複雑な青と赤紫が使われています。 01442 オアシス カリブ諸島といえば、海に恵まれて高温多湿って想像しますよね。 なので、どうしてオアシスって思いました。 ところがよく調べてみると、カリブ諸島と言われる地域は、非常に多様な環境から成っているんですね。 ベースはアースカラーで、泉の色のターコイズと濃いこげ茶の二本線が決めて!!   01443 ジャングル こちらもアースカラーをベースに、橙と緑の二本線。 色が違うだけでここまで表情が変わるんですね!   01444 エスノ カリブの先住民の民族衣装や様式美がそっくりそのまま! メーカー提供のサンプル靴下(メリヤス編み)の実物写真です。 このように実物の方が、明るめに見えます。 他の色番も、靴下写真は実物の色よりややトーンが落ちて見えます。  ...

Read more

Opal初の3本撚りソックヤーン「ライト」のご紹介

By: | Comments Off on Opal初の3本撚りソックヤーン「ライト」のご紹介 | On: 2017年2月18日 | Category : 未分類

  今年のOpalの春夏向けソックヤーンは3本撚り毛糸!   「light:軽い」と特徴を一言で表すストレートなシリーズ名です。 配合を変えずに糸の太さを変えて世に問う野心作に期待が高まりますね~ 4本撚りとは仕様が異なりますので、まずは以下をご覧くださいませ。 構成 スーパーウオッシュウール75% ポリアミド25% 仕立 75g 約425m 推奨編み針サイズ EU 2mm 国内0号 10 x 10cmゲージ 32目46段 ◆40度までの洗濯機洗いに対応しています。 ◆大人男性用靴下を1玉で編むことができます。   色は、Opalらしい色柄が揃った6色展開です。   さあ、それでは各色番をご紹介してきましょう!   9350 自由 各色番の名前は、「軽」から連想されるドイツ語の言葉が付けられていますが、例によって弊店で日本語に意訳してみました。 トラディショナルなOpalとでもいうてらいのない色柄 + 細い毛糸 ということにメーカーさんの意図がありそうですね。 靴下画像で見ると濃いめの色に見えますが、実際は毛糸玉写真に見られるように鮮やかな青と黄色です。 「う~む、ちょっと暗めかなぁ?」 という印象をお持ちになった方も多いと思いますが、このシリーズの色はどれも室内ではかなり暗く写る(見える)傾向にあります。 ということで、外に飛び出しました~~ ホワイトバランス(白を白に写すためのカメラの補正)以外の補正はしていませんが、太陽光の元ではこんなにも鮮やか! 赤紫とその模様も可愛いですね♪ 黄色のラインとメインカラーの青の組み合わせは、これはもう言う事なしですよね! そして、名前の「自由」にちなんで撮った写真をもう一枚どぞ~。 じゆうだぁっ!(爆   9351 飛翔 赤と緑の補色の組み合わせも、Opalではお馴染みですね。 オレンジがイイ味出してます。 綺麗な色柄は保証するから、細い糸の扱いに集中して編んでくださいね♪ っていう事だったり。。。   9352 気軽 シック系は、茶色と紫のコンビネーションです。...

Read more

REGIA 「ノルウェー・カラー」のご紹介

By: | Comments Off on REGIA 「ノルウェー・カラー」のご紹介 | On: 2017年2月11日 | Category : 未分類

  世界各地の民族様式をモチーフにした、今年のレギアの新作の三作目が登場です。 世界をぐるりと回ってヨーロッパに戻ってやってきたのは「ノルウェー」です! ソックヤーンファンには「アルネ&カルロス」シリーズですっかりお馴染みの国。 彼ら二人は、首都のオスロ郊外にあるアトリエから素晴らしいデザインの数々を発信しています。   さて、今回の「ノルウェー・カラー」ですが、「アルネ&カルロス」によるデザインではなく、よりクラシカルで普遍的なノルウェー古来のデザインになっています。 毛糸の仕様構成は標準的な4本撚りソックヤーンです。   それでは、全8色をご覧ください。 そうそう、各毛糸の名前はノルウェーの都市名が付けられています。   ノルウェーへLet’s GO! 02912 ヴォス 「ヴォス」は、ウィンターリゾート地やスキー競技で有名な都市。 柔らかで優しい色合いが北欧の澄み切った空の元の冬景色を想わせます。   こうして写真でご紹介するには、本当に難しい色なのですが、青をどんどん薄くしていって、彩度をぐ~~んと落としていくとこの色になります。   コンピュータで色分析した結果でみると、青が元になっていることが良く分かりますね。 丸の部分が靴下画像のメインの色です。 そして、色に関してはもうひとつ隠された秘密が・・・ こんな鮮やかな色が隠れていました! グレーっぽい毛糸、では済まされない美しい毛糸です。     02913 ベルゲン オスロに次ぐノルウェー第二の都市です。 フィヨルドと山に囲まれた街をイメージした、ターコイズブルーとブラウンが素晴らしくシックです。 クラシカルな柄とも見事にマッチしていますよね。 濃いえんじ色のポイントカラーもお見逃しなく!   02914 エイドフィヨルド フィヨルドの真っただ中にある小さな村が「エイドフィヨルド」。 名前の通り、水と氷のイメージそのままのブルーにトラディショナルノルディックデザイン。   これまでの毛糸、あのオパールにしてもそうなのですが、青系統は、   カッコいいね! ふ━━( ´_ゝ`)━━ん   で終わってしまうのですが、このシリーズはちょっと違うんですよ。 どういうことなのか?! 不肖てんちょーが履いてみた。 (ダンスレッスンの後なので、ちょうどレギンス履いてたし)...

Read more

REGIA 「カリビック・カラー」のご紹介(旧版 2017年2月5日公開)

By: | Comments Off on REGIA 「カリビック・カラー」のご紹介(旧版 2017年2月5日公開) | On: 2017年2月5日 | Category : 未分類

REGIAから2017年の新色毛糸が登場しました。   カリブの島々の人々、自然、様式などをモチーフにした、標準的な4本撚りのソックヤーンになります。 それでは、全6色をご紹介していきます。 01439 オウム 綺麗な黄緑色のオウムです。 と、ご紹介したいところなのですが・・・ メーカーのポスターの靴下写真はこれです ↓ ↓ ↓ んんん??? どう見ても写真の毛糸玉で編んだ靴下には見えません! どこにも毛糸玉の主要色の黄緑色が見えないし、靴下にはピンクが・・・ 実は、メーカーのREGIAが本来のデザイン(靴下画像が正しい)とは誤った色を使って生産してしまったのです。 初めて入荷してきた色番「01439」の実物は、毛糸玉写真の黄緑色の毛糸になります。 これはこれで綺麗で良いんジャマイカ・・・ カリビックだけに(笑   閑話休題   最近のREGIAの毛糸は、都会派もしくはデニムのようなトレンドを追っていたのですが、少しトーンを落とした落ち着きのある色柄になってきているようです。 Opalなどの明るめのトーンの毛糸も見た目はとっても綺麗で良いのですが、実際に身に付けるとなると・・・ (もしかして、少しばかり派手かしら?)と感じてしまうのも事実かも。 ということで、ちょっとだけ浮気してみるのも吉かもね。 【ご注意】今後生産される01439 オウムは、靴下画像の毛糸になりますが、掲載している毛糸玉の写真は2017年2月4日現在、入荷してきた色番「01439」の実物写真です。     01440 トロピカル カリビアンアイランド・・・ 憧れのビーチリゾート エメラルド色の海 白い砂浜 緑のヤシ 赤い屋根のレストハウス ああ、他には何もいらない。あなたさえいれば(はーと)   このぼんやりしたアンニュイな感じが、昼下がりのリゾート地を想わせますね~   01441 コリブリ addiの棒針の名前でご存知の方も多いでしょう。ハチドリのことです。 超高速で羽ばたいて花から花へ飛び回って蜜を吸う姿は、健気で可愛いです。 ハチドリ君の羽のように美しく複雑な青と赤紫が使われています。 01442 オアシス カリブ諸島といえば、海に恵まれて高温多湿って想像しますよね。 なので、どうしてオアシスって思いました。 ところがよく調べてみると、カリブ諸島と言われる地域は、非常に多様な環境から成っているんですね。 ベースはアースカラーで、泉の色のターコイズと濃いこげ茶の二本線が決めて!!   01443 ジャングル...

Read more