靴下の編み方について-その1

2件のコメント | 8月 10, 2014

「靴下の編み図はありますか?」
「ミニミニサイズの靴下の編み方を教えてください」
「靴下を編むには何センチの輪針を選べばよいのでしょうか」
「マジックループってなんですか?」
「左右同時編みってどうやるんですか?」
「靴下をつま先から編む方法があると聞きました」
「ゴム編みのとじ方でふんわりさせる編み方がありますか?」


靴下の編み図はありますか?

kotae200

【けいとや】ではOpal毛糸の製造販売元のTUTTO社がウェブページで公開している、ドイツ流の 靴下の編み方を、同社の許諾を得て日本語に翻訳し、無償にて公開しております。

編み方は各パート毎に文章で書かれていてサイズの早見表が付随します。

編みたいサイズと糸の太さ(Opalの4,6,8plyに対応)を決めれば、実際に編む目数などが一目で分かる優れものです。

ぜひ一度お試しくださいませ。

「Opalオリジナル・ドイツ靴下の編み方」


ミニミニサイズの靴下の編み方を教えてください

kotae200

わずか全長5cmほどのミニ靴下、目数リングやストラップ、金具を付ければピアスにだってなっちゃうかわいい靴下の作り方をご紹介しています。

すぐに出来ちゃうので、ちょっとしたプレゼントにも最適です!

「ゆっきー」さんのミニ靴下
ミニソックス作品例


靴下を編むには何センチの輪針を選べばよいのでしょうか

kotae200

輪針を初めて使う方からのお問い合わせも多く、その多くは針先のサイズ やコードの長さのご相談です。

針先のサイズは糸の太さに合わせて推奨針サイズがありますので、それを中心に普段、編み目が詰まりがちな方は少し太めの針を、普段、編み目が 緩みがちな方は少し細めの針をお勧めしています。

また、実際に針がお手元にある場合はゲージを編んでみて、自分の編み方が緩めなのかきつめなのか知ってみることも針のサイズ決定の参考になります。

addi 10x10cmゲージ付ニードルサイズメジャー

お勧めするコードの長さは輪針の使い方によって様々です。

基本的な輪編みの方法では一般的な4plyの毛糸の場合、20cmサイズの輪針から靴下を編むことができます。

長さのご選択は編まれる方の好みになり、絶対にこれ!というのはありません。

長い輪針でも小さいものを編める「マジックループ」という手法を使う場合、左右別々に編む場合は、60-80cmの輪針を、「左右同時編み」をされる場合は、100-120cmの輪針をお勧めしています。


マジックループってなんですか?

kotae200

マジックループとは平たく言うと輪針を半分に折り曲げ、それぞれのコードに、これまた半分に折り曲げた輪にした編み物を通して編むので、コードの全長よりも短い輪編みができるという画期的な手法です。

この手法を使えば、60-80cmの輪針が1本あれば、メンズから赤ちゃん用の小さなサイズの靴下まで編むことができます!

ご紹介差し上げた皆さんから、「思ったよりもとても簡単だった」、「もうこの編み方以外考えられない」と大絶賛を受けています。

以下、英語での説明となりますが、大変わかりやすい動画をご紹介しますので、ぜひご覧ください。

マジックループの編み方


左右同時編みってどうやるんですか?

kotae200

左右同時編みは段染めの靴下用毛糸で柄を左右揃えて編みたいときや、模様編みなどをする際に1本の輪針上で左右の靴下を同時に編む手法です。

また別々に編んでいると出来上がり寸法が何故か違う・・・というお悩みも解消できます!

左右の靴下用に、それぞれの毛糸をあらかじめ用意する必要があり、編み進める際に左右それぞれの毛糸を間違えて編まないようにしなければなりませんが、想像している以上に簡単で、左右別々に編むときとは違った楽しさがあります。

靴下以外にもミトンやハンドウォーマー、レッグウォーマーなど2つ同じものがパーツになっているものに活用できます。

何足か靴下編みをクリアしたら、ぜひ挑戦してみてください!

左右同時編みするには「マジックループ」が簡単で便利です(マジックループについては上段で説明しています)。

そして意外にも左右同時編みをする場合は、つま先から編み始めるほうが、履き口から編み始めるよりもはるかに簡単です。履き口から編み始める場合、片側だけを編むときにも、作り目をいつの間にかねじらせていて、編み進めてからようやく間違いに気づいてほどいた経験は誰しもあるはずですが、つま先から編み始めればこの心配は無用です!

この方法をマスターしてからは、片側だけを編むときももっぱらつま先から編み始めるようになりました。

そしてお勧めばかりして恐縮ですが、この時の作り目の方法も目からウロコの「ターキッシュ・キャスト・オン」という手法を使えば、さらに簡単に速くできてしまいます!!!

以下の動画は画質が少し暗めですが、左右1足のソックスを別の色で編んでいるのでとても分かりやすく、また編み方もゆっくりしているので、ぜひ長めの輪針(100-120cm)と色の違う毛糸を2個用意して一緒に試し編みしてみてください。

マジックループでつま先から左右同時編み


靴下をつま先から編む方法があると聞きました

kotae200

(上段の説明と重複しますが、)つま先から編み始めるほうが、履き口から編み始めるよりもはるかに簡単です。履き口から編み始める場合、作り目をいつの間にかねじらせていて、編み進めてからようやく間違いに気づいてほどいた経験は誰しもあるはずですが、つま先から編み始めればこの心配は無用です!

この時の作り目の方法も目からウロコの「ターキッシュ・キャスト・オン」という手法を使えば、さらに簡単に速くできてしまいます!!!

以下の動画は、画質が少し暗めですが、左右同時編みをしている動画です。

この方法でもちろん1足だけ編むことも可能です。

ぜひ輪針と毛糸を用意して一緒に試し編みしてみてください。編み物ワールドがさらに広がること間違いなしです!

ターキッシュ・キャスト・オンからのつま先からマジックループで編む


ゴム編みのとじ方でふんわりさせる編み方がありますか?

kotae200

履き口のゴム編みのとじ方がきつすぎて、さあ履こうと思った時に苦労したことがありませんか?

以下は、つま先から編んで最後にゴム編みをとじる時のテクニックなのですが、本当にふんわり仕上げることができます。

ゴム編みの場合は表と裏編みを繰り返しますが、この両方をマスターしておけば、他の場面でのとじ方にも応用できます。

ぜひ一度お試しください!

ゴム編みのふんわりとじ方

靴下の編み方について-その2 へ

コメント (2)

  1. 投稿者 Ayline 投稿日 2015年1月18日

    初めまして2足同時ではなく、1足同時ではないですか?1足とは左右で一組ではないでしょうか。
    2足だと4つ同時に編むのでしょうか?

      返信
  2. 投稿者 てんちょー 投稿日 2015年1月18日

    こんにちは、Ayline さん、

    ご指摘ありがとうございます!
    確かに、「一足」とは左右ペアの単位なので、「一足同時編み」が正しいですね。

    ところが、検索すると、「二足同時編み」の方が良く知られてしまっていて、当方
    にもその責任の一端がありそうです。

    「二つ」一度に編む -> 「二足」 と発想し易いのが原因かもしれません。

    今後、「左右同時編み」など、言葉として正しく、かつ分かり易い名前に変更したいと思います。

    Ayline さんへ素敵な編み物ライフを!
    ありがとうございました。

      返信

コメントはお気軽にどうぞ


通知設定をすると、この記事にコメントが投稿されるとメールで通知されます。