Esslinger Wolle 「レトロ」のご紹介

投稿者: | 1件のコメント | 投稿日時:2016年3月26日 | カテゴリー : 未分類

esslinger-2

30年の時を経て見事に復活したドイツ製ソックヤーンをご紹介します。

 

esslinger-1

南ドイツの南ドイツのシュトュットガルト近郊にワインで有名なエスリンゲンという街に、「Esslinger Wolle」というウール製造会社がありましたが、1980年代に、テキスタイル、ウール業界の衰退に伴い会社は売却されてしまいました。

その会社が生産していたソックヤーンが、このたびドイツ大手毛糸製造会社の「シューラーシュタール」の協力を得て見事に復活を果たしました。

「シューラーシュタール」は、コットンストレッチ毛糸で、けいとやでも何度かご紹介していますが、品質には定番があるブランドです。

 

esslinger-m

「二人の糸巻き夫人」と呼ばれる当時のままのレトロなロゴマーク

 

羊毛は、主に南アメリカより調達していますが、毛糸になるまでの工程はすべてドイツ国内で行っている国産毛糸で、さらに製造工程での化学薬品や水の使用を極力抑えるよう配慮された、環境にもとても優しい毛糸になっています。

それでは、その全8色を写真でご紹介していきます。

es01

es01s

01 ブルー・ターコイズ

グラデーションが穏やかで、そしてなにより美しいです。

昨今のはっきりした色柄のソックヤーンと比較すると、レトロな味わいながら確固としたデザインポリシーが伝わってきますね。


 

es02

es02s

02 ブラック・グレー

モノトーンでは、そのグラデーションの美しさが際立ちます。


 

es03

es03s

03 ベージュ・ブラウン

優しい雰囲気ですが、決して地味に見えない風格がありますね。


 

es04

es04s

04 レッド・オレンジ

鮮やかで瑞々しいです。


 

es05

es05s

05 グリ-ン・イエロー

今年のあたり色も、たまたまですがラインアンプに加わったことはとてもラッキーですね!


 

es06

es06s

06 ピンク・リラ

果物などの自然の鮮やかな色合いを採り入れています。


 

es07

es07s

07 マリーン・ジーンズ

ジーンズカラーは、昨年からのドイツの流行色です。


 

es08

es08s

08 レインボー

カワイイ!素敵すぎです~~~♪

どの糸も、靴下だけではなく様々な作品にご使用できると思います。

著作権の問題があってご紹介することができませんが、美しいグラデーションを活かしたショールなどの作品は息をのむ美しさで、ソックヤーンの域を超えていますよ。

以上、Esslinger Wolle「レトロ」のご紹介でした。

この記事をシェア!

コメント (1)

  1. 投稿者 らなんほ 投稿日 2016年4月2日

    いつもすてきな新着を日本で楽しみにしています。
    どれもいいですねー‼︎
    ぜひとも編んでみたいと思います。

      返信

コメントはお気軽にどうぞ


通知設定をすると、この記事にコメントが投稿されるとメールで通知されます。