Hoooked(フックドゥ)ズパゲッティ & リボンXLの選び方

投稿者: | コメントはありません | 投稿日時:2017年5月18日 | カテゴリー : 未分類

 

オランダのHoooked(フックドゥ)社のTシャツヤーンですが、一般的な毛糸とは異なる性質も多々あるので、選び方にはちょっとした注意も必要です。

以下に、「ズパゲッティ」と「リボンXL」の2種類の編み糸の違いや、選び方のコツをご紹介しましょう。

まずは、各糸を写真でご紹介です。

zpa5

 

「ズパゲッティ」単色(大)

およそ14cm x 14cm のとっても大きな巻糸です。重さも850g前後!と超ビッグサイズ~~~

長さは120mです。

zpa7

左から「ズパゲッティ」単色(大)、「ズパゲッティ」プリント柄(大)、「ズパゲッティ」単色(小)

Ribbonxl

「リボンXL」単色

長さは「ズパゲッティ」と同じ120mですが、重さは250gとより軽量です。

Ribbon xl gross

「リボンXL」単色

「ズパゲッティ」より小さいですが、写真の編み針(12mm/17cm)と大きさを比べてください。

Ribbonxls1

「リボンXL」単色

色々な色が選べます。


 

二つの糸の仕立て、仕様を表にしてみました。

ズパゲッティ 単色(大) 120m / 850g前後 アップサイクル商品

ジャージTシャツが原料の切りっぱなしの極太糸

色、太さ、生地、量は1玉1玉個性がある

コットン92% その他8% ポルトガル製

完成品サイズ約50cm x 50cm 推奨針12-15mm

単色(小) 25m / 170g前後
プリント柄(大) 120m / 850g前後
プリント柄(小) 25m / 170g前後
リボンXL 単色 120m / 250g リサイクル商品

端切れを細かく裂いて紡ぎ直したテープヤーン

後染めなので量や色は均一

100%リサイクル素材(内コットン80%) ポルトガル製

推奨針8-12mm(かぎ)、10-12mm(棒)

柄入り
ラメ入り

 

二つの糸の違いを簡単に説明すると、

 

「ズパゲッティ」は元祖Tシャツヤーンとも呼べる存在で、切れ端をそのまま繋いで仕立てた「アップサイクル」編み糸。

とても個性的ですが、反面、品質や色が一定しないなど一般的な編み物用の毛糸とはかなり異なる性質を持っています。

とっても重い糸ということにも注意してください。

 

「リボンXL」は、「ズパゲッティ」のコンセプトを基に、編み糸に近い洗練された性質を持つように「リサイクル」されたテープヤーン。

製品の品質も色も一定で、編む作品を選ばず、より気軽に楽しむことができます。

 

となります。

 

もうひとつ、

「ズパゲッティ」プリント柄ですが、

巻かれた状態では本当に本当に可愛いのですが、編んでみると思ったような色柄にならないことがとっても多いです。

プリント柄は編む作品や編み方を選びます。

可愛いからといって飛びつくのはNGですよ~~~!

 

失敗しない選び方ガイド

〇 身に着けるもので、実用性を重視するなら軽い「リボンXL」(大)

〇 個性とトレンドを追求するなら「ズパゲッティ」単色(大)

〇 作品のワンポイントにピッタリなのは「ズパゲッティ」プリント柄(小)

〇 おしゃれ感を演出するなら、断然ラメか柄入りの「リボンXL」(大)

 

失敗を厭わない挑戦者向けガイド

〇 お好みの「ズパゲッティ」プリント柄(大)をアラカルトでどぞ~~(笑)

以上、「ズパゲッティ」と「リボンXL」のご紹介でした。

この記事をシェア!

コメントはお気軽にどうぞ


通知設定をすると、この記事にコメントが投稿されるとメールで通知されます。