Opal新作毛糸「サファリ」のご紹介

投稿者: | 2件のコメント | 投稿日時:2018年1月24日 | カテゴリー : 未分類

 

個性あふれるアフリカンカラーのOpalの新作毛糸「サファリ」をご紹介します。

953x

それでは、まずは基本データから。

毛糸の構成仕立は以下のようになっています。

メーカー/ブランド TUTTO Wolfgang Zwerger GmbH/Opal
構成 スーパーウオッシュ加工ウール75% ポリアミド25%
仕立 100g 約425m
推奨編み針サイズ EU 2.5-3.0mm 国内1-3号
10 x 10cmゲージ 30目42段
生産国 ドイツ

◆編み易くお手入れのしやすい標準的なソックヤーンの配合です。

◆太さやゲージは、皆様お馴染みの4本撚りソックヤーンと同じ仕様になっています。

◆40度までの洗濯機洗いに対応しています。

◆大人男性用靴下を1玉で編むことができます。

それでは、全8色をご紹介いたしましょう!!


9530b

9530 ボツワナ

アフリカ南部に位置するボツワナは日本の1.5倍の国土を持つ内陸国で、世界一のダイアモンド産出国です。

このように「サファリ」の名前はアフリカの国名が付いています。

9530

アフリカ~ン、という色彩ですが、もう一つアフリカらしい仕掛けがされているのがお分かりでしょうか?

Acasia2

これは、アフリカの砂漠地帯に自生する「アカシア」の木です。

夕焼けにシルエットになった写真は、きっとどこかでご覧になったことがあると思います。

この木のシルエットの形・・・

そうなんです、「サファリ」のしましま模様には、この「アカシア」の木のシルエットが写し取られているようです!

このデザインの妙は、さすがOpal!!

9530k

早速、履いてみました。

エスニックな感じがイイですね!


9531b

9531 タンザニア

タンザニアは人類発祥の地といわれています。

皆さまご存知、エネルギッシュなマサイ族の暮らす地です。

9531


9532b

9532 ウガンダ

東アフリカにあるウガンダ共和国は、かつてのイギリスの首相チャーチルをして「アフリカの真珠」と言わしめた緑あふれる美しい国です。

9532


9533b

9533 ケニア

ケニアと言えば、お茶とコーヒーの栽培、そしてお花の栽培も盛んです。

環境・動物保護のため、ポリ袋の使用を法律で禁止しているそうです。

9533


9534b

9534 ナミビア

世界最古とも言われる美しいナミブ砂漠を持つ国がナミビアです。

食文化はドイツの影響を受けており、美味しいソーセージとビールがあるとか。

 

9534

9534k

デニムにもとっても合いますね。


9535b

9535 南アフリカ共和国

多民族国家の南アフリカの国民は「七色の国民(レインボー・ネイション)」と呼ばれているそうです。

2010年6月にはアフリカ大陸で初となるサッカーW杯が開かれましたね。

9535


9536b

9536 ジンバブエ

国名の”ジンバブエ”とは”石の家”という意味だそうです。

世界三大瀑布の一つビクトリア・フォールズ(ビクトリアの滝)でも有名です。

9536


9537b

9537 ルワンダ

ルワンダは面積が四国の1.4倍ほどでアフリカで最も人口密度が高い国です。

アフリカの自然環境、動物、伝統文化すべてが凝縮されています。

9537

以上、「サファリ」のご紹介でした。

この記事をシェア!

コメント (2)

  1. 投稿者 匿名 投稿日 2018年1月25日

    サファリの特別価格って、どこに書いてあるのでしょうか?

      返信
    • 投稿者 てんちょー 投稿日 2018年1月25日

      セール開始時間になりましたら商品が掲載されますので、それまでもうしばらくお待ちくださいますようお願いいたします。

        返信

コメントはお気軽にどうぞ


通知設定をすると、この記事にコメントが投稿されるとメールで通知されます。