Opal2018/19年の最初の新作「熱帯雨林14(4本撚り)」のご紹介

投稿者: | コメントはありません | 投稿日時:2018年7月6日 | カテゴリー : 未分類

今年も、Opalの新シーズンは「熱帯雨林シリーズ(4本撚り)」で幕を開けます。

色鮮やかな動物たちをモチーフにしたシリーズは、今年で14作目を数えるロングセラーシリーズとなっています。

962x

メーカーのTUTTO社では、このシリーズの売り上げの一部を熱帯雨林の保護のために寄付をしていますが、その金額はこれまでに187,000ユーロ(約2400万円)となっております。

全く同じモチーフで4本と6本撚り毛糸が提供されますが、4本撚りが先に、その後に6本撚りが登場します。

それでは、まずは基本データから。

毛糸の構成仕立は以下のようになっています。

メーカー/ブランド TUTTO Wolfgang Zwerger GmbH/Opal
構成 ウール75% ポリアミド25%
仕立 100g 約425m
推奨編み針サイズ EU 2.5mm 国内1号
生産国 ドイツ

◆4本撚り(中細)ソックヤーンです。

◆40度までの洗濯機洗いに対応しています。

◆大人男性用靴下を1玉で編むことができます。

 

定番のフンデルトヴァッサーシリーズが東の横綱なら、この熱帯雨林シリーズは西の横綱と言える存在でしょう!

それでは、色鮮やかで華のあるOpalを代表するシリーズの最新作8色を、モチーフになった動物や昆虫たちと一緒にご紹介していきましょう。


9620-1

9620 ベジタブルイーター

モチーフとなったのは「モクメシャチホコ」というとってもユニークなあおむし君なんですよ。

怖がらないで、まあ、見てくださいな。

Cerura_vinula
By Pekka Raukko – http://wibe.ath.cx/hyonteiset/index.php?option=com_content&view=article&id=17599, Copyrighted free use, Link

可愛すぎ!着ぐるみ被ってるし 笑

短い脚で一生懸命に掴まっている姿が健気ですぅ~~~

目みたいに見えるのは、実は模様なんですよ。真っ赤なほっぺや口もぜーんぶイミテーション!

こうすることで、鳥などの外敵から身を守っているんですね。

いや~~、自然ってすごいですね。

そして、名前の由来になった「シャチホコ」ですが、襲ってくる相手に対して、なんとシャチホコのように体をぎゅんって仰け反らせて威嚇するんだそうです。

いや、そんなことされたら、もう可愛すぎて襲えませんって!

9620

その可愛さをそっくりそのまま写し取ったのが、この色番9620です。

ぜひ、この色番で胸キュン靴下を編んでくださいませ。

絶対に可愛いですってば。

幼少の頃「〇〇町のファーブル」という異名をとったてんちょーが言うんだから間違いなし?!


 

9621-1

9621 ココ – ショコラティエ

ヤマアラシです。

こちらも、天敵から身を守るために体毛が棘のように固く鋭く進化しています。

この色番には、「ココ」ちゃんという愛称も付けられています。

職業はお菓子職人ですね!

9621

ブラック&ホワイトチョコレートはいかが?


 

9622-1

9622 ゾーイ – コンフェクショナー

モチーフとなったのは「コットン・ハーレクイン・バグ」という面白い名前の昆虫です。

宝石のような色鮮やかな虫なのですが、ゾーイ君はなんと綿の木を食べてしまう悪い癖があるそうです。

9622

9622-2 9622-3

メーカー提供のサンプル靴下をスタッフが履いてみました。

熱帯雨林らしい鮮やかさですね!


9623-1

9623 タニヤ – タルトクイーン

美しい羽を持つ蝶は「ビロードタテハ」と言います。

正にビロード色の羽ですね。

さ、美しいタニヤはどんな毛糸になっていますでしょうか・・・

9623

前の3色とは出てくる柄がかなり違っています。

靴下着用写真で見てみましょう。

9623-2 9623-3

斑模様が美しい!


9624-1

9624 ゲオルグ – グリルマイスター

小さな昆虫、小動物から一転して、百獣の王の登場です。

BBQを取り仕切るゲオルグ、渋い、渋すぎる!

9624

ライオン色の靴下なんて今までなかったよね。


9625-1

9625 ジモン – リトルイーター

小食のジモンのモデルになったのは、北米出身のステラーカケス。

碧い羽が美しいですね。

9625

またしても、他の色番とは柄の出方がかなり違いますね。

9625-2 9625-3

グラデーションが美しいですね~~

深い藍と青。

このアオは熱帯雨林シリーズでないと味わえません!


9626-1

9626 デザートマイスター

デザート専門のお二人ですが、喋ってばかりになってしまわないかちょっと心配です。

インコと言えば多くの人が思い浮かべるのが、このルリコンゴウインコとベニコンゴウインコです。

9626

良いとこ鳥、もとい良いとこ取り。


9627-1

9627 ザシャ – ソムリエ

ソムリエのザシャは熱帯魚のベラ。

小さな斑点に注目!

9627

こういう色合いでも、決してけばけばしくならずに品よくまとめてあるのがさすがOpalです!

着用写真を見ると良さが分かりますよ。

9627-2 9627-3

9627-4

緑色の斑点が入っているのがミソ!

この素晴らしいアイデアとデザインに脱帽です。

以上、Opalの新作「熱帯雨林14」の8色のご紹介でした。

この記事をシェア!

コメントはお気軽にどうぞ


通知設定をすると、この記事にコメントが投稿されるとメールで通知されます。