Opal8本撚り毛糸「氷の花」のご紹介

投稿者: | コメントはありません | 投稿日時:2016年10月15日 | カテゴリー : 未分類

 

Opalの8本撚り毛糸「氷の花」のご紹介です。

922x

 

毛糸の構成仕立はこのようになっています。

メーカー TUTTO Wolfgang Zwerger GmbH
ブランド Opal
構成 スーパーウォッシュウール75% ポリアミド25%
仕立 150g 約320m
推奨編み針サイズ EU 4~5mm 国内6~10号
生産国 ドイツ
10 x 10cmゲージ 20目28段

お馴染みのスーパーウォッシュウールですので、40度までの洗濯機洗いに対応しています。

暖かーいマフラーなど毎日使いのアイテムでも、簡単に洗えるのでお手入れも楽ちんですね♪

hh2016-92xxa hh2016-92xxb hh2016-92xxc

今年3月に「h+hケルン」見本市で発表された「氷の花」

それでは、全6色のご紹介です。

9220

9220 露

最初の色番が、シリーズを代表するようなお花の色柄です。

赤と緑の定番的な色の組み合わせですが、不規則で断続的な濃い線が入ることで、少し厚めの編地もきりっと引き締まりますね。

 

9220b

艶やかで可愛い。。。両立してます。

子供さんの帽子やマフラーから、大人アイテムまでこれでばっちりでしょ。


 

9221

9221 霜

9220が露(つゆ)で、こちらは霜(しも)。

「氷の花」シリーズの毛糸には、冬の自然にちなんだ名前が付けられています。

( ´_ゝ`) フーン 青ね・・・

って、ちょっと待ってくださいませ。よーく見ると赤い線が見えませんか?

9221b

このチラっっと入った赤の線がとっても色っぽいですね~~

「いつの日にか結ばれる男の子と女の子は、見えない赤い糸で結ばれているんだよ」ってお婆ちゃんが言ってたっけ。

運命のあの人へぜひ編んであげてくださいませ。


 

9222

9222 氷晶

氷晶(ひょうしょう)=氷の結晶。

とってもクールな色とデザインですが、オレンジピールみたいな線が入っているのがこれからのシーズンにピッタリ。

9222b

オレンジピールが入ったお菓子でもいただきながらまった~りと編んでください。


 

9223

9223 吹雪

吹き荒ぶ吹雪の中でも、あったか毛糸で編んだニットでぬくぬくだーい。

9223b

紫と赤でとってもシックで大人色。


 

9224

9224 静寂

名前に反してちょっと驚きの色使い。

これまでのOpalの8本撚り毛糸はどちらかというとシックな色柄が多かったのですが、こんなにもポップな色柄は初めてかも。

濃淡のあるオレンジにヴィヴィットなイエローラインが大胆ですね♪

9224b

薄いエメラルドグリーンもとっても素敵。


 

9225

9225 冬眠

大トリは大御所で〆ましょう。

9225b

グラデーションが素敵なモノトーンです。

以上、「氷の花」6色のご紹介でした。

 

余録

ポスター画像の「凍りついた花」について

 

922xflower

この花は「クリスマスローズ」といって、冬の凍てつく庭に深紅の花びらを艶やかに咲かせます。

また、別名を「冬の貴婦人」いい、ドイツではクリスマスを祝う花として知られています。

まさに、「氷の花」を象徴する花ですね。

「追憶」、「私を忘れないで」などが花言葉。

 

へ~、へ~、へ~、

3へ~くいらいはいただけたでしょうかっ。

この記事をシェア!

コメントはお気軽にどうぞ


通知設定をすると、この記事にコメントが投稿されるとメールで通知されます。