Opal Klangwelten/音の風景

投稿者: | コメントはありません | 投稿日時:2015年9月26日 | カテゴリー : 未分類

Opal 2015/16年新作毛糸、Klangwelten/音の風景のご紹介です。

904x

 

Opal毛糸ではスタンダードな4本撚りのソックヤーン8色のシリーズです。


 

 

9040

9040 ポップミュージック

9040b

帯の写真はベースギター

帯の縁取りにも注目してくださいね♪


 

9041

9041 ソングライター

9041b

マイクロフォンが目印


 

9042

9042 コンポーザー

9042b

帯の写真にはピアニスト。ちなみにコンポーザーは「作曲家」ですが、9041のソングライターも日本語では「作曲家」。原語では少し違いがあるようですね。


 

9043

9043 ジャズクラブ

9043b

皆さまご存知のトランペット


 

9044

9044 タクト

9044b

指揮者が振るあの棒ですね。

9044s1

メーカー提供の機械リブ編みのサンプル靴下です。

絶妙な発色の基本色(この色番ではターコイズブルーですが、その美しさに圧倒されますよ♪)のボーダーと、幅の細いライン、そしてこの色番ではあまり目立たないですが、白っぽい帯にドット模様の3種類の柄で構成されています。

この細い数本のライン、何かに似ていませんか・・・?

ヒント:メーカー提供画像の背景


 

9045

9045 ターンテーブル

9045b

平たく言うなら「レコードプレイヤー」ですね


 

9046

9046 ロックナイト

9046b

ドラムスとアンプ。基本色は、ロックな夜に相応しいとっても深い紺色なのですが、ポスター画像でも毛糸玉の画像でも白黒に引っ張られててしまうのか薄めに見えますね。


 

9047

9047 クラシック

9047b

チェロかな?大きさで名称が違うのでしたよね。

さあ、9044 タクトのご紹介で出した質問の答えはお分かりでしょうか?

そうです、楽譜の線ですよね(あくまでも、私見ですが)。

そして、ドット模様はというと・・・ 音符に見えてきませんか?

音楽という見えない芸術を記録するための人類の知恵、そして、それをモチーフに毛糸を染め上げるメーカーのTUTTO社、心底感服です。

この記事をシェア!

コメントはお気軽にどうぞ


通知設定をすると、この記事にコメントが投稿されるとメールで通知されます。