Opal Play 4ply~ドイツの遊び

投稿者: | コメントはありません | 投稿日時:2014年10月31日 | カテゴリー : けいとやからのお知らせ, ドイツ毛糸情報, ニュース

Opal (オパール)2014年のシリーズも早いもので8シリーズ目です。
今回のプレー(Play)も皆さん楽しみにお待ちのことと思います。
2014年11月2日販売開始予定ですので、もう少しお待ちくださいね。

play-004
(こちらは機械によるリブ編みです。)

今回お目見えしたプレー(Play)、
ポスターにはパズルのピースが、毛糸の帯にはアルファベットマットが
使われていて、パズルのギザギザ部分が模様になって出てくるのかな・・・
と思っておりました。

play-003

まだ少ししか試し編み出来ていないのですが、
「ここはもしかするとそうかも!」
と思われる部分もありますが、全体的に同じように模様が出るわけではなく、
「絶対にその模様になる!」
という訳でもありません。

例えばこんな感じです。
面白いので表と裏を見比べてみてください。
8822-003

段染めの配色はアルファベットマットで使われているような、
相反する色を組み合わせてあるような気がします。

さて、今回のそれぞれの毛糸のネーミングも面白く、
ドイツの誕生会などで催される「遊び」が採用されています。
毛糸名と色合いには関連性はなさそうですが、
毛糸を作る側も「遊び心」を織り交ぜて楽しんでいる様子が伺えます。

中には日本でもおなじみの遊びもありますが、
ドイツや海外ならではの遊びもありますので、
各毛糸をご紹介しながら解説させていただきます。

8820
8820「鍋たたきゲーム」
日本のスイカ割りに似ていますが、これは室内ゲームです。
あらかじめお鍋をひっくり返して床に置き、
中にお菓子やプレゼントを入れておきます。
プレイヤーは木のお玉を手に持ち、目は目隠しをされます。
そのままスイカ割りの始まりのようにぐるぐる回転させられ、
目が回ったところでゲーム開始です。

床に這いつくばり、木のお玉で床を叩きながらゴールのお鍋を目指します。
周りの人はお鍋にプレイヤーが近づいていれば「温かい!温かい!」と
叫び、見当違いのところを叩けば「冷たい!冷たい」と叫び
誘導してあげます。
最後にお鍋を木のお玉で叩ければ、ゴール!お鍋の中の賞品をもらえます。

8821
8821「かくれんぼ」

8822
8822「潜水リンゴ」
ボールいっぱいに水をはり、そこにリンゴを1個浮かべます。
これを2つ用意して、プレイヤー2人のどちらが早くリンゴを一口
かじれるか競争します。
子供の場合はかじれば勝ちですが、
大人の場合(バラエティ番組などでは)はリンゴを完食するまで
というハードなゲームだったりします。
日本のパン食い競争にちょっと似ていますね。

8823
8823「袋跳び競争」
日本の運動会でもおなじみの、麻袋に入ってぴょんぴょん跳びながら
ゴールするアレです。

8824
8824「伝言ゲーム」

8825
8825「鬼ごっこ」

8826
8826「綱引き」

8827
8827「オリエンテーリング」

各遊びはドイツの学校へ通う息子たちが教えてくれました♪

この記事をシェア!

コメントはお気軽にどうぞ


通知設定をすると、この記事にコメントが投稿されるとメールで通知されます。