Opal8本撚り毛糸「北極オオカミ」のご紹介

投稿者: | コメントはありません | 投稿日時:2017年10月14日 | カテゴリー : 未分類

 

Opal8本撚り毛糸「北極オオカミ」のご紹介です。

polarpos

毛糸の構成仕立はこのようになっています。

メーカー TUTTO Wolfgang Zwerger GmbH
ブランド Opal
構成 スーパーウォッシュウール75% ポリアミド25%
仕立 150g 約320m
推奨編み針サイズ EU 4~5mm 国内6~10号
生産国 ドイツ
10 x 10cmゲージ 20目28段

お馴染みのスーパーウォッシュウールですので、40度までの洗濯機洗いに対応しています。

暖かーいマフラーなど毎日使いのアイテムでも、簡単に洗えるのでお手入れも楽ちんですね♪

Polarmes

今年の「h+hケルン」見本市で発表された「北極オオカミ」

それでは、全6色のご紹介です。


 

9430

9430 凍霧

そこは厳寒期の北の国。

朝から地面を這うような霧が発生・・・

視界は僅か数十センチ!

エマージェンシー、エマージェンシー、エマージェンシー、、、、

そんな、閉ざされた視界中に現れたのは「凍霧」で編んだ色とりどりの帽子??

おはよう!今日も良い天気になりそうだね♪」 (いや、霧だし)

帽子の下、にかッと笑ったのはお隣の青年だった。

クリスマスにプレゼントした帽子が似合っていてよかったよかった。


9431

9431 氷風

氷は水より出でて水よりも寒し

透き通った「水」を想わせるターコイズ系から、冷たいグレーまでがミックスされています。

紫も見えますね。

そして、もうお気づきでしょうか?

今年のOpalのブルーやモノトーン系には、赤が刺し色として使われています。

これまで、「男の子」の色柄だった毛糸も、この差し色のおかげで艶やかでぐっと色っぽくなっりましたよね♪

この配色は大歓迎!!


9432

9432 厳寒

厳寒の地でも、どこかに自然の芽吹きはあるのもの。

とっても可愛らしい緑と青の組み合わせです。

やんちゃなお坊ちゃまにいかがでしょうか?


9433

9433 輝雪

すっかり結露した二重窓の外は一面の雪景色。

パチパチと音を立てて紅色の炎を吹き上げる暖炉の前には、ロッキングチェアに揺られて編み物三昧な私。

夏は南洋の島、冬はアルプスの峰。

夢はいつかかなうはずさ!

差し色のブルーにも注目です。


9434

9434 寒夜

名前が東野圭吾の作品名みたいになってしまいましたが、他意はありませんのであしからず。

この色番では、雪の結晶のような「ポチポチ」模様のデザインが顕著に表れています。

新海美冬のようなクールな貴女にぜひどうぞ!(結局、幻夜かいっ)


9435

9435 凍寒

ベリーのような味わい深い赤ですが、このカスレ具合が素敵です。

以上、「北極オオカミ」6色のご紹介でした。

この記事をシェア!

コメントはお気軽にどうぞ


通知設定をすると、この記事にコメントが投稿されるとメールで通知されます。